2016年10月11日

制作長の突然の退会と今後について皆様にお詫び申し上げます。

こんにちわ 芸能企画団体UGPにて全体代表及び運営執行長を務めさせていただいてる理事長の鈴木です。

UGPの内外部の方にもお馴染みであったUGPの顔ともいえる存在の元制作部長の古澤智之が10月9日をもって退会する運びとなりました。今日まで古澤の事を応援していただいた皆様には私からお詫びとお礼を申し上げます。

主な退会理由について明らかにしてほしいと感じている方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に話すとすれば我々のような活動というのは私生活に余裕がある上で行うものだとは思います。勿論余裕がなくともUGPという集団はその方の状況を踏まえた上で活動できるので重荷になることは本来はありません。

しかし、古澤のように真面目な人間はどうしても人様に対して真摯に対応してしまうため、ストレスが溜まりやすく見えないプレッシャーなどに押されてしまったのだと私は思っています。

今後は前副代表の伊藤拓が制作長に就任する運びとなりました。本人たっての希望でしたので上手くやってくれることを祈っています。代わりに副代表にはシナリオ班所属の木下裕滋が就任することになりました。

『拓』は新たなUGPを牽引するに相応しい 
木下は代表の鈴木という大木の下を支える存在になるでしょう。

古澤さんに関しては今後、残りの音楽の仕事は全てやり終えるとのことで話がまとまっています。代表の鈴木とのユニットtommysの活動はUGPから独立という形で行っていくことになります。

引き続きみなさん応援よろしくお願いします!!!!




posted by UGP広報課 at 11:19 | Comment(1) | UGPニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。