2015年06月12日

UGP新曲「バスの窓」


UGPイラスト班の鞠野ムズさんがシンガーライトイラスレーターに。
楽曲も絵も素敵ですよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「バスの窓」

わくわくする朝
ゆううつな朝

ゆれゆく景色がいろあざやかで

流れる水模様も
こぼれる日差しも

ゆれゆく景色が心をしめつける

つかれた目をした
うつる姿につられて
目から水がこぼれても

ゆれゆく景色が流してくれるから

久しぶりにのってもまた
変わらない窓
うつる自分はかわっても
あなたには助けられた気がする

悔しさと切なさ
うれしくてたまらないときも
報告したんじゃないかな

あたりまえの景色を見なくなる日が来るだろうけど

それでもわたしはこの景色を忘れない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕事帰りのバスでの実体験をベースにした女性の歌詞に注目です。


posted by UGP広報課 at 04:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tommys新曲「シーソー」


Tommysは芸能企画団体UGP初の男性ボーカルユニット!
甘い歌声とセクシーボイスから女性から圧倒的支持を受ける男性ボーカリストTOMOY-A SUZUKI と UGPの礎を築くミュージシャンともさんからなる。そのデビューソングとなるシーソー-がついに完成!!!ご視聴あ
れ!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「シーソー」

「君は君だから」誰かが言った
落ち目の時だけ裏を探している
ひとの悲しみを僕は喜んでいる
僕が悲しい時みんな泣くのだろうか
幸せをシーソーと見てる僕はどう?
取り合うこと取り返すこと
心の中はそればっかり

どれだけわかっても好きだとしても
別れる時だけ失いたくなくて   
ひとの喜びを僕は認めないでいる
拍手なんてしたら手が痛くなるだけで

幸せをシーソーと見てる僕はどう?
掴んでは離れてく
ぽろぽろこぼれる星屑
幸せの理想はいつだって巡ってる    
いつの日かいつの日か
ボードの中心に立てたらな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人の喜びに拍手が送れない気持ちのとき、もうああ僕なんてとなるしかないです。
それでも比べっこをいつかやめられたらいいなという、温かくもある歌です。
歌唱 Tommys(TOMOYA SUZUKI ともさん)
作詞作曲編曲ともさん

posted by UGP広報課 at 00:38 | Comment(0) | オリジナル楽曲紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

【心に染みる楽曲】電話をかけてごめんなさいね/TOMOYA SUZUKI



作詞:harumi
作曲:スマイリー渡辺
歌唱:TOMOYA SUZUKI

夕暮れをひとりジッと体で感じてました
何故か苦しくて人恋しくて堪え切れずに居たのです
電話をかけてごめんなさいね 
泣いたりしてごめんなさいね
あなたの声が聞きたくて知らず知らずにかけていた

冷たい雨が強く心の中まで吹き付けています
何故か怖くて切なくて耐え切れずに居たのです
電話をかけてごめんなさいね泣いたりしてごめんなさいね
あなたの声が優しすぎて心の中まで染みてます

電話をかけてごめんなさいね 
泣いたりしてごめんなさいね
あなた声が聞きたくて知らず知らずにかけていた
心の中まで染みてます堪え切れずに居たのです
posted by UGP広報課 at 14:34 | Comment(0) | オリジナル楽曲紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。